本文へジャンプメニューへジャンプ

トップページ助成金交付事業東京ガス環境おうえん基金2014年度助成先報告集

助成金交付事業

 

2014年度「東京ガス環境おうえん基金」報告集

 2014年度、「東京ガス環境おうえん基金」では、16団体に対して総額1,000万円の助成を決定しました。1年間の活動を終えた助成団体から活動報告が届きましたので、ご報告させていただきます。

 パワーアップおうえん
ICON夢ワカメ・ワークショップ
団体名 特定非営利活動法人 海辺つくり研究会
助成金額 600,000円
活動地域 臨港パーク
活動分野 地球温暖化防止、循環型社会形成、大気・水・土壌環境保全、総合環境教育
活動概要 横浜市西区みなとみらいにある臨港パークで、17団体連携で、ワカメの育成による水質浄化を行う「夢ワカメ・ワークショップ」を実施した。ワークショップには、一般市民に参加してもらい、ワカメの種糸をロープにつけイカダにつるし、2か月後の収穫イベントで、自分が植えつけたワカメを収穫してもらった。収穫したワカメを各自持ち帰って、食することで、海域の浄化を図るだけでなく、海域の物質循環と生態系保全について考えてもらうことを目指した。回収後は、収穫した総重量からワカメによって回収された窒素やリン酸の量を計算し、参加者に浄化量として報告した
ホームページ http://homepage2.nifty.com/umibeken/
種糸つけたロープを吊るしたいかだ
種糸つけたロープを吊るしたいかだ

収穫を終えて記念撮影
収穫を終えて記念撮影
ICONカニ護岸整備による生き物の棲み処再生
団体名 運河を美しくする会
助成金額 550,000円
活動地域 芝浦アイランド南地区西側護岸
活動分野 総合環境教育、生物多様性保護
活動概要 区立芝浦小学校4年生を対象とした総合学習「芝浦運河の授業」の支援を行った。地元芝浦アイランドの方たちを対象にした「運河見学・生き物観察会」を中心に、総合学習を5回、夏講座、住民向け親子観察会を開催。総合学習の最終回では、児童たちが運河授業の取組成果を発表した。
ホームページ http://www.tokyowaterfront.jp/
棲み処への砂入れ作業
棲み処への砂入れ作業

棲み処再生状況の確認
棲み処再生状況の確認
ICONエコ夢探検隊と綾瀬川の生物を調べよう!
団体名 特定非営利活動法人 エコロジー夢企画
助成金額 350,000円
活動地域 東京都、埼玉県
活動分野 野生生物保護
活動概要 毎年、全国一級河川の水質ワースト3に入る綾瀬川に、水質浄化を促すために作られた2つのビオトープで7月と9月に魚と昆虫の調査を行い、その機会をとらえて市民に向け、生物生息環境を考えてもらう水辺の安全教室を実施した。また、近年上流で鮎の遡上が見られていることから、そのアユが綾瀬川本流を上がっているものか、上流で他の河川から流入しきたものなのかを調べたいと考え、2回の魚と調査を実施した。
ホームページ http://ecoyume.net/
水辺の安全教室
水辺の安全教室

遡上してきたアユ
遡上してきたアユ
ICON境川クリーンアップ作戦
団体名 境川クリーンアップ作戦
助成金額 150,000円
活動地域 境川流域(相原から鶴間まで)
活動分野 大気・水・土壌環境保全
活動概要 7月27日、町田市と相模原市の境界線を流れる境川の流域で、地域自治会などの協力を得て、総勢2749名が参加する大規模な清掃活動を実施した。小学生の参加も100名以上あり、老若男女幅広い世代層による協働作業により、地域コミュニティの育成が図れ、自然環境美化や保全意識も高まったと実感した。また、境川に沿って設置されたフェンスに、地元の子供たちが描いたポスターを飾る「フェンスdeギャラリー」を設けた。
ホームページ
川に入り活動する大学生
川に入り活動する大学生

フェンスdeギャラリー展示風景
フェンスdeギャラリー展示風景
ICONコアジサシ誘致作戦 ~「音声」と「市民がつくったデコイ」を使って~
団体名 特定非営利活動法人 生態教育センター
助成金額 230,000円
活動地域 葛西海浜公園 西なぎさ
活動分野 野生生物保護、総合環境教育
活動概要 葛西海浜公園の西なぎさに設けられた、人の立ち入りを禁じた保護区にコアジサシの営巣を誘致するために、スピカ―からコアジサシの鳴き声を流したり、デコイを設置する試みを行った。デコイは、4月と5月にデコイづくりイベントを実施し、一般の市民に型作りから色塗りまでしてもらったものを使用した。
ホームページ http://www.wildlife.ne.jp/
デコイを手作り
デコイを手作り

デコイに引き寄せられるコアジサシ
デコイに引き寄せられるコアジサシ
ICONよみがえれ!トンボがいっぱいのせせらぎ公園 ~外来生物から地域の生態系を守る活動~
団体名 特定非営利活動法人 せせらぎ公園古民家管理委員会
助成金額 410,000円
活動地域 せせらぎ公園内(横浜市都筑区)
活動分野 野生動物保護
活動概要 せせらぎ公園において、外来生物の侵入による在来生物への悪影響の拡大が顕著であることから、生物調査を実施し、調査結果に基づいた外来種の駆除作業を行った。調査では、アカミミガメやアメリカザリガニガ多く確認できたため、トラップを用いた捕獲を実施した。駆除作業後にも調査を行い、季節に応じたこれからの駆除作業の計画をたてた。
ホームページ http://seseragikominka.jimdo.com/
池の様子
池の様子

捕獲したアメリカザリガニ
捕獲したアメリカザリガニ
ICON名勝・重要文化的景観「おばすて(田毎の月)」の棚田保存活動
団体名 田毎の月 棚田保存同好会
助成金額 520,000円
活動地域 姨捨の棚田(長野県千曲市)
活動分野 大気・水・土壌環境保全
活動概要 名月の里としても有名で棚田百選にも選べれた姨捨の棚田が後継者不在のため荒廃地となりつつあったのを、復元・保全。現在、復元し耕作を行う棚田を約60アールにまで広げることができた。復元した棚田の保全には、そこで耕作を続けることが重要なため、一般の方や、子どもたちに稲作りに参加してもらい、交流の輪を広げるため、長野県外にも広く参加者を募った。
ホームページ http://www.geocities.jp/chikumacity/tanadatop.html
棚田の収穫風景
棚田の収穫風景
ICON小学校教師の自然体験塾とエネルギーワークショップの開催
団体名 特定非営利活動法人 多摩川塾
助成金額 860,000円
活動地域 多摩川流域及び近隣の小学校等
活動分野 総合環境教育
活動概要 多摩川流域の小学校の先生を対象とした自然体験塾を開催し、多摩川で安全に総合学習や環境学習ができる環境教育指導者の育成を目的とした自然体験塾や自然再生講座を、川崎、調布など12か所で実施した。また、2月14日には、多摩川塾参加小学校などに呼びかけを行い「エネルギー環境ワークショップin川崎」を開催。18の小中学校から約450名の児童生徒が参加して、1年間のまとめ学習の成果を発表した。
ホームページ http://blogs.yahoo.co.jp/kantokudaiko
多摩川の生き物調べ
多摩川の生き物調べ

指導者の育成
指導者の育成
ICON馬入水辺の楽校の環境保全活動と環境教育活動の促進
団体名 馬入水辺の楽校の会 
助成金額 950,000円
活動地域 相模川
活動分野 野生動物保護、総合環境学習
活動概要 「生き物いっぱいの水辺の楽校づくり」をする小学3年生から社会人で構成されるエコアップ隊を中心に、環境保全活動や、いきものの調査など、毎月1回のペースで活動を行った。活動のベースにある、トンボ池やカエル池の調査では、金魚やモツゴ、ドジョウ、アメリカザリガニ、タイワンシジミなど様々な生き物が持ち込まれており、その中でも多数みつかったアメリカザリガニの捕獲を実施した。
ホームページ http://banyumizube.info/
おさかな調査
おさかな調査

とんぼの調査
とんぼの調査
ICON人と野生動物の係わりを学ぶ子供たちのための教材開発
団体名 特定非営利活動法人 ピッキオ
助成金額 990,000円
活動地域 軽井沢町内の小学校等
活動分野 野生動物保護 総合環境教育
活動概要 子どもが五感で感じられる「本当の野生動物の姿を伝えるための教材」として、有害駆除や交通事故等で死亡した野生動物等の剥製や、クマの実物大パネル、糞から採取された種子の標本、飼育クマの木登りや採食の様子を撮影した映像教材を作製した。これら教材を、小学校で実施している環境教育の授業で活用した。軽井沢町では、学校や生活の場の近くに熊が生息しているため、実際のクマの様子や習性を知ることは非常に有意義な学習となった。
ホームページ http://picchio.co.jp/sp/
クマの実物大パネル
クマの実物大パネル

木のぼりするクマの様子(剥製)
木のぼりするクマの様子(剥製)
ICON幼児への木育指者養成と教材開発
団体名 特定非営利活動法人 まえばし保育ネットワーク
助成金額 700.000円
活動地域 前橋市内の保育園
活動分野 総合環境教育
活動概要 前橋市内の保育園で木育を広めるため、木育活動全般の理解に関する研修と、木育活動の実践方法や注意点に関する研修を保育士を対象に開催した。また、木育の実践として、木片にやすりをかける「触れる活動」、木の廃材で自由製作を行う「創る活動」、森へ遊びに行く「知る活動」の実践を行った。その他、6つの保育園で絵本チームを結成し、保育園、幼稚園で活用できる絵本を作成した。
ホームページ http://www.mae-hoiku.net/
みんなで森遊び
みんなで森遊び

作成した絵本教材
作成した絵本教材
ICON未利用放牧地のブナの森への復元をパワーアップ!
団体名 森のライフスタイル研究所
助成金額 1,000,000円
活動地域 カヤの平高原牧場
活動分野 森林保全・緑化
活動概要 長野県木島平村の茅の平高原牧場の未利用地を、元のブナの森に戻すための復元作業を行った。ブナ原生林の林縁部に自然に発芽して育ったブナの幼樹を参加者自らが掘り取って、植樹エリアまで運んで植樹してもらった。昨年までは、プラスチックコンテナに入れた苗を手で持って運んでいたが、今年はリアカーを導入できたことで、大幅に植樹の数を増やすことができた。参加者に、植林とあわせて森の役割や大切さを理解してもらうため、専門家を招き、森林散策や観察などの森林学習を実施した。
ホームページ http://moridukuri.or.jp/
苗の堀り取り作業
苗の堀り取り作業

掘り取った苗を運んで植樹
掘り取った苗を運んで植樹
 スタートアップおうえん
ICONライトトラップを用いた夜間の昆虫相調査
団体名 特定非営利活動法人 行徳野鳥観察舎友の会
助成金額 140,000円
活動地域 行徳鳥獣保護区
活動分野 野生動物保護
活動概要 市民を交えて、ライトトラップを設置した夜間の昆虫相調査を実施し、約150種類の昆虫が確認された。調査の結果、保護区内の夜間の昆虫の状況について、森林性の大型の鱗翅目昆虫の生息など貴重な情報を得ることができた。30年前に実施した昆虫相調査と比較すると、樹林の発達など植生の多様性、環境の多様性が大幅に増加していることが分かった。
ホームページ http://homepage2.nifty.com/suzugamo/top.html


ナイトトラップにおびき寄せられる虫
ナイトトラップにおびき寄せられる虫
ICONがまんの省エネから快適なエネルギー生活へ
団体名 世田谷みんなのエネルギー
助成金額 1,000,000円
活動地域 世田谷区および周辺地域
活動分野 地球温暖化防止
活動概要 8月にエネルギーってなんだ?夏休み親子教室を開催。放射温度計をつかって屋内外の面温度を計測し、日向、日陰の違いだけでなく、地面、アスファルト、金属など熱環境の違いを実感してもらった。また、9月からほぼ毎月、計7回の「エネルギーシフト未来工房」講演会と実験ワークショップを開催した。これらの活動の成果を反映して、熱とエネルギーの基礎から実例までを記載したブックレット「がまんの省エネから快適エネルギー生活へ」を作成した。
ホームページ http://setagaya-energy.jimdo.com/
夏休み親子教室
夏休み親子教室

ブックレット「がまんの省エネから快適エネルギー生活へ」
ブックレット「がまんの省エネから快適エネルギー生活へ」
ICON都市・農村連携による平群地区里山保全活動
団体名 特定非営利活動法人 千葉自然学校
助成金額 840,000円
活動地域 千葉県南房総市平久里下・中・山田地区
活動分野 森林保全・緑化、総合環境教育
活動概要 都市部シニアと地域住民の協働による保全活動として、山田地区ホタル生息地の環境保全や、平久里下地区の山野草環境の保全及び山田地区に残る茅山の保全活動を計18回実施した。また、都市部シニアの代表と地域住民、NPO法人、行政による円卓会議を開き地域交流等について協議し、都市部シニアによる応援隊を結成。都市部の子供を対象にホタルの生息地保全と鑑賞会、キャンプを開催した。
ホームページ http://www.chiba-ns.net/
杉の枝を整理
杉の枝を整理

茅山の保全
茅山の保全
ICONごみ減量・リサイクル事業の一環としてのガラス食器回収・リサイクル事業
団体名 特定非営利活動法人 東大和ごみレスくらぶ
助成金額 710,000円
活動地域 東大和市内
活動分野 循環型社会形成
活動概要 回収拠点で月1回と、6月の環境市民の集いと、10月のえんとつフェスティバルなどでガラス食器の回収を行った。回収したガラス食器は、リユース用とリサイクル用に分別し、リユースできるものはリーユース市を開催し、市民に無料配布した。また、ガラスのリサイクルについて、その分別の仕方や、ガラスの種類の見分け方、リサイクルの方法などを市民に理解してもらうため、リサイクル事業者の方を招いて、「ガラスリサイクル学習会」を開催した。
ホームページ http://ameblo.jp/gomilessclub/
食器のリユース
食器のリユース

ガラスリサイクル学習会
ガラスリサイクル学習会
 
(←東京ガス環境おうえん基金ページ へ戻る