本文へジャンプメニューへジャンプ

トップページ日本環境協会について

日本環境協会について

 ご挨拶

理事長 森嶌 昭夫
理事長 森嶌 昭夫

 日本環境協会では、1977年(昭和52年)の設立以来、環境問題や環境保全について国民が理解し、国民各層が自発的、積極的に環境保全活動に参加できるよう、環境保全に関する知識の普及啓発、人材育成、環境教育、エコマーク、グリーン購入など、様々な環境保全事業の推進に鋭意取り組んで参りました。
 今日の環境問題は、地球規模の問題となっており、地球環境問題は、地球温暖化、森林劣化、生物多様性減少、天然資源枯渇などが相互に関わり合う深刻な問題として、21世紀人類の生存に関わる問題となっています。そこで、今後の我が国の環境政策は、持続可能な社会(低炭素社会)の実現に向けた実効性の高いものでなければならず、気候変動等の地球環境問題については先進国の一つとして各国をリードし、協調していくものでなければなりません。そして、これらを実現していくには、国、地方公共団体だけではなく、事業者、市民がそれぞれの立場で積極的に取り組むことが不可欠です。
 持続可能な社会を目指す環境政策において、国民各層の自発的な環境保全活動への参加を促進する諸事業に携わって来た当協会が果たすべき役割は、これまでよりもさらに大きいと考えております。当協会では、公益財団法人としての使命・役割を自覚し、持続可能な社会の実現に一層貢献していくため、協会のミッションである、すべてのステークホルダー(国民各層)が自発的、積極的に環境によりよい活動に参加できるように、情報を提供し、環境教育を行い、人材を育成するという機能をより高い水準で果たすべく今後取組を展開していく所存です。
 当協会のミッションの実現に向け、今後一層のご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。