本文へジャンプメニューへジャンプ

トップページトピックス&ニュースこどもエコクラブ壁新聞および絵日記の受賞クラブ・メンバーおよび都道府県代表クラブ等の決定について

トピックス&ニュース 

公益財団法人日本環境協会公益財団法人日本環境協会 こどもエコクラブ全国事務局こどもエコクラブ全国事務局

iconこどもエコクラブ 壁新聞および絵日記の受賞クラブ・メンバーおよび都道府県代表クラブ等の決定について

15.03.02
公益財団法人日本環境協会
   

 公益財団法人日本環境協会(こどもエコクラブ全国事務局)は、地域の中で自主的な環境活動を展開しているこどもエコクラブの子どもたちを対象に、日頃の活動をまとめた壁新聞・絵日記を募集、有識者からなる審査の結果、環境大臣賞等の受賞クラブ・メンバーと、2015年3月29日(日)に開催する「こどもエコクラブ全国フェスティバル」に参加する都道府県代表クラブ・審査員推薦クラブを決定いたしました。受賞クラブ・メンバーに対しては当該フェスティバルにて表彰状等の授与を行います。
 なお、都道府県代表クラブ・審査員推薦クラブは、全国フェスティバルにおいて交流プログラムに参加するとともに、各クラブの取組を聞いて投票を行い、子どもたちの視点で「こどもエコクラブ大賞」を決定いたします。

   
さあ 行こう!芦田川探検

環境大臣賞 タイトル:さあ 行こう!芦田川探検
広島県福山市 『 めだかの学校 』

<受賞クラブ>
受賞クラブ・メンバーそれぞれの作品は別添1参照(PDF:5.43MB)
【壁新聞部門】
● 環境大臣賞
  めだかの学校(広島県福山市)
● 文部科学大臣賞
  HEP21エコクラブ(青森県弘前市)
● 日本環境協会賞
  原田湧水クラブ(静岡県富士市)
● 特別賞
 「読売新聞社賞」 オホーツクエコクラブ(北海道北見市)
 「早稲田大学賞」 香美市こどもエコクラブ なかよしエコクラブ(高知県香南市)
 「東洋ライス賞」  ホタルと共に暮らし隊(徳島県三好市)
 「エコマーク賞」  しらさぎチアーズ(兵庫県姫路市)
● 幼児部門
 「ミールケア・エコまる賞」
    (学)さつき学園 認定こども園 さつき幼稚園(青森県十和田市)
    ひじりがおかほいくえん レインボーズ2014(大阪府高槻市)
【絵日記部門】
● 優秀賞
なんきつ子どもエコクラブ
小平 玖音さん(群馬県前橋市)
YKM
高村 百合子さん(静岡県御殿場市)
かつらがわエコキッズ
松尾 櫂さん(京都府京都市)
玉一アクアリウム
中井 真瞳さん(兵庫県神戸市)
わくわくエコクラブ
松本 知也さん(岡山県津山市)
<都道府県代表クラブ・審査員推薦クラブ> 
別添2参照(PDF:185KB)
●都道府県代表クラブ
都道府県 市区町村 クラブ名 壁新聞タイトル 活動のテーマ
北海道 北見市 オホーツクエコクラブ 未来に残そう オホーツク海の流氷 『未来に残したい』身近なものについてみんなで話し合いました。地球環境の急激な変化に伴い、自然現象がみられなくなるのではないかという危機感から、身近である「オホーツク海の流氷」をテーマにして、壁新聞にまとめました。
青森県 弘前市 HEP21エコクラブ ぼくたちとだんぶり池の仲間たち~ドキュメント・2014~ できる時にできる人と、できる環境活動を楽しもう
岩手県 奥州市 古道下・要害こどもエコクラブ 小岩井農場ホタル生息地研修 水生ホタルの環境づくり研修のため
宮城県 石巻市 イオン石巻チアーズクラブ 自然と太陽 自然とふれあい太陽を学ぶ
秋田県 秋田市 マックスバリュ東北秋田イオンチアーズクラブ 郷土秋田の力になろう! 秋田を学ぼう!知ろう!
山形県 参加辞退により該当クラブなし
福島県 郡山市 湖南エコクラブ 湖南エコクラブ新聞 ふるさと湖南 誇りを胸に エコの輪を広げよう
茨城県 水戸市 逆川こどもエコクラブ 逆川こどもエコクラブ⑪ 千波湖には、どんな生き物がいるのかなぁ?
栃木県 真岡市 真岡児童館やさしクラブ 「命」あたりまえにあるけれど 「命」の大切さを学ぶ
群馬県 沼田市 しらさわエコキッズクラブ 白エコニュース・しらエコの春夏秋冬・しらエコ尾瀬特集 今年もテーマは自然とゴミと温暖化防止!(地域の未来環境を考えよう♪)
埼玉県 宮代町 MIYASHIROエコ☆スターズ 輝けエコの星 エコスタ新聞 2014年活動報告
千葉県 大網白里市 ぬく森エコクラブ ぬく森エコだより ヘチマグリーンカーテンと活動報告
東京都 新宿区 こどもエコ広場新宿 こどもエコ広場新宿 新宿という地域特性を活かし、エコ活動を楽しもう!
神奈川県 大和市 引地川水とみどりの会こどもエコクラブ 引地川Clean戦隊ゴーレンジャー 2014 引地川を掃除している場所の紹介、どんなゴミが落ちていたか
新潟県 応募なし
富山県 全て幼児部門での応募
石川県 参加辞退により該当クラブなし
福井県 参加辞退により該当クラブなし
山梨県 甲府市 和泉エコクラブ 富士山のふもとでちょこっとエコ 地域でできる身近なエコ
長野県 応募なし
岐阜県 山県市 高富中学校生物部(Gyobu) 高富中学校生物部(Gyobu) 地域の生き物の調査と地域発信
静岡県 富士市 原田湧水クラブ きれいな湧き水は富士山からのおくりもの 富士山の湧水のわき出る原田のまちのすばらしさを知る貴重な水草、バイカモを守っていこう!!
愛知県 半田市 半田こどもエコクラブ 春夏秋冬エコ新聞 みんなで自然や生きものたちと遊んだり環境のことを考えよう!!
三重県 いなべ市 大安中学校テクニカルボランティア部 大安中学校テクニカルボランティア部の活動 間伐材ベンチで森のこと伝えよう
滋賀県 草津市 渋川小学校生き物学習実行委員会 渋川いきものがたり 身近な生き物について調べ、「生き物絵図」や「紙芝居」にまとめる。
京都府 南山城村 笠置中学校エコクラブ 水生昆虫を絶滅の危機から守れ 村に絶滅危惧種を取り戻す
大阪府 茨木市 アンブレラ ECO新聞 廃品回収・リサイクル・エコ料理・家庭菜園・コンポスト
兵庫県 姫路市 しらさぎチアーズ 地産地消 エネルギー 資源とエネルギー
奈良県 斑鳩町 福祉・環境委員会 斑小エコ新聞 誰かのために出来ること
和歌山県 応募なし
鳥取県 米子市 それ行け中海探検 美しい中海を復活させよう!2014 よみがえれ 中海の仲間たち
島根県 出雲市 上津探検隊 ケロケロカエル調査新聞 Ⅷ ①地域での自然観察  ②休耕田・山ビオトープの活動
岡山県 岡山市 イオン岡山チアーズクラブ 1年間の活動のまとめ 太陽と自然
広島県 福山市 めだかの学校 さあ 行こう!芦田川探検 新たな出会いを楽しみ、しっかり学ぼう。
山口県 応募なし
徳島県 三好市 ホタルと共に暮らし隊 ホタル新聞 見直すことで見えてくるもの
香川県 高松市 さぬきこどもエコクラブ 農薬0、エコライフ 米づくり、農業
愛媛県 新居浜市 レインボーキッズ 地域・共生・絆 キラキラ2014 キャッチアンドアクションでESD
高知県 香美市 香美市こどもエコクラブ なかよしエコクラブ わたしらあが地きゅうを守るがやき!! 私たちが地球を守る!
福岡県 筑紫野市 エコまめクラブ 見てさわってまなんで楽しんだいきものたちとのふれあい 身近な生物多様性について
佐賀県 応募なし
長崎県 平戸市 下里エコクラブ エコクラブ活動報告 自然とのふれあい、人とのふれあい
熊本県 益城町 広西地球環境クラブ (広安西小学校環境委員会) ①阿蘇の湧き水を未来へ~広安湧き水ふれあい学校プロジェクト~ ②広安エコリンピック2014 ①校区の湧き水とふれあった活動 ②学校のエコ活動を5つの種目に分け、自分ができることに挑戦しました。
大分県 大分市 大分県立大分東高等学校リボベジ研究会 リボベリから始まるゴミ減量 リボベジの観察や記録、リボベジレシピの考案、リボベジのPR活動
宮崎県 都城市 五十市中学校 You&I (結)物語 絆を結びながら地域全体で環境について考えていく
鹿児島県 鹿児島市 イオン鹿児島店チアーズクラブ くろぶ~が行く、桜島の自然 太陽と自然
沖縄県 本部町 もとぶ元気村こどもエコクラブ どんぐりの森は海の恋人 沖縄の海を守るためにどんぐりの森の観察、育苗活動を行いました。

●審査員推薦クラブ
都道府県 市区町村 クラブ名 壁新聞タイトル 活動のテーマ
静岡県 静岡市 イオン清水チアーズクラブ ①皮むき間伐の効果 ②冬の森と太陽の関係 ③自然のめぐみいっぱいの西伊豆・松崎 「太陽と自然」
愛媛県 新居浜市 イオン新居浜チアーズクラブ 2014年度 イオン新居浜チアーズクラブ 活動報告 太陽と自然
■代表クラブについて

 代表クラブは、1年間の活動などをまとめた「壁新聞」をもとに、独創性・発展性・アピール力・地域への密着性等の観点から選ばれたクラブです。各都道府県から原則1クラブずつ選出しています。
 尚、都道府県の代表クラブに選ばれ全国フェスティバルへの参加を辞退した場合は、次点以下のクラブを順次繰り上げ代表クラブとしております。

■審査員推薦クラブについて

 都道府県の代表クラブに惜しくも選出されなかったものの、今後の活動の発展に期待できるクラブを「審査員推薦クラブ」として全国で2クラブ選出いたしました。

1 壁新聞・絵日記募集の実施目的
  1. これまでの環境活動をまとめることによって、子どもたちが活動を通して感じたことなどをふりかえる機会や新しい発見を得るきっかけとする。また、それらの作品に対して有識者からアドバイスを行い、今後の活動の充実・発展を促進する。
  2. 壁新聞や絵日記を活用した子どもたちの交流の機会を提供する。
  3. 全国から集まったこれらの作品を全国各地の環境イベント等で掲示するなど、子どもたちの環境活動を多くの方々にアピールし、子どもたちの自信や意欲を育むとともに、地域を巻き込みながら環境活動の輪を広げていく。
2 こどもエコクラブ全国フェスティバルの概要
  1. 開催目的
    全国各地のこどもエコクラブの子どもたちが集い、環境活動の紹介を通じて相互の交流を深めるとともに、これらの情報を広く発信することにより、こどもエコクラブの活動の活性化及び本事業への理解と参加促進を図る。
  2. 主なプログラム
    都道府県代表クラブ・審査員推薦クラブの子どもたちがグループに分かれ、壁新聞をもとに活動を発表しあい、子どもたちの投票にて「こどもエコクラブ大賞」を決定する。
本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせは下記までお願い致します。
公益財団法人日本環境協会内 こどもエコクラブ全国事務局
広報担当:東(あずま) E-Mail:
TEL:03-5643-6251 FAX:03-5643-6250
【こどもエコクラブ事業について】

 こどもエコクラブ事業は、環境省の事業として1995年から始まり、地方自治体や企業などの協力を得て、子どもたちが地域で主体的に行う環境活動・学習を支援しています。今までに延べ200万人を超える子どもたちが参加しました。
 2011年度からは、事業発足当初より全国事務局を担ってきた公益財団法人日本環境協会が継承し、環境省の後援、地方自治体や企業などと協働して事業を進めています。

こどもエコクラブホームページ http://www.j-ecoclub.jp/

こどもエコクラブ事業について