本文へジャンプメニューへジャンプ

トップページトピックス&ニュース公益財団法人日本環境協会が古本募金「きしゃぽん」と提携~読み終えた本で「こどもエコクラブ」の活動を支援~

トピックス&ニュース 

公益財団法人日本環境協会公益財団法人日本環境協会

icon公益財団法人日本環境協会が古本募金「きしゃぽん」と提携~読み終えた本で「こどもエコクラブ」の活動を支援~

15.11.05
公益財団法人日本環境協会
   

 公益財団法人日本環境協会(理事長:森嶌昭夫、以下 日本環境協会)は、古本・DVD・ゲームの買取と販売の事業を展開する嵯峨野株式会社(代表取締役:大村 肇、以下嵯峨野)がCSRの一環として推進している古本募金事業「きしゃぽん」の協働パートナーとして、事業提携を締結しました。
 「きしゃぽん」は、読み終わった本や見なくなったDVDなどを換金して寄附できる新しいタイプの募金活動で、嵯峨野が2011年から社会貢献活動の一環として推進しているものです。
 「きしゃぽん」の趣旨に賛同した一般の支援者が不要となった本・DVD・CD・ゲームソフトを寄附して得られた募金は、「こどもエコクラブ」の運営に活用されます。

   

 こどもエコクラブは、環境省の事業として1995年から始まった、子どもたちが地域で主体的に行う環境活動・学習を支援する事業です。2011年度からは、事業発足当初より全国事務局を担ってきた日本環境協会が継承し、環境省の後援を受け、地方自治体や企業・団体などと協働して事業を進めています。今年度も幼児から高校生まで約11万人の子どもたちが参加し、全国各地で生き物調査、清掃活動、お米・野菜作り体験など、地域の環境保全のために自主的に活動し、自然を大切に思う心や環境問題解決に向けて自ら考え行動する力を育んでいます。

 このこどもエコクラブ事業の運営に、古本募金「きしゃぽん」を通じて得られた募金が活用され、活動支援グッズの提供や専門家の助言によるクラブのステップアップ支援、講師派遣による質の高い体験プログラムの実施などが行われます。

 嵯峨野が2011年から社会貢献活動の一環として推進している「きしゃぽん」は、仏教用語の「喜捨」と、「ぽんっ」と簡単に送れるしくみにちなんで名づけられました。不要となった本・DVD・CD・ゲームソフトを送ると嵯峨野が査定・換金し、換金額に協賛金の100円を加えて日本環境協会に募金します。5点以上の送付で、送料・振込手数料を嵯峨野が負担します。

きしゃぽん
■問合せ先
公益財団法人日本環境協会教育事業部 こどもエコクラブ全国事務局 担当:大西
TEL 03-5643-6251 / E-mail
■添付資料
(別添)古本募金 こどもエコクラブ×きしゃぽん チラシ [PDF 1.13MB]

■こどもエコクラブWebサイト:http://www.j-ecoclub.jp/

■「こどもエコクラブ×きしゃぽん」Webサイト http://kishapon.com/jea/

【公益財団法人日本環境協会の概要】
所在地:〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16 馬喰町第一ビル9F
理事長:森嶌 昭夫
設 立:1977年3月
U R L:http://www.jeas.or.jp
【嵯峨野株式会社の概要】
本 社:〒358-0053 埼玉県入間市仏子916
代表者:代表取締役 大村 肇
創 業:2005年11月
U R L:http://www.sagano.ne.jp/
【報道関係者向けのお問い合わせ先】
公益財団法人日本環境協会教育事業部 こどもエコクラブ全国事務局
担当:大西・東
TEL:03-5643-6251
E-mail: