本文へジャンプメニューへジャンプ

トップページトピックス&ニュースProject-D「埒浜防災緑地どんぐりプロジェクト」で植樹活動を実施

トピックス&ニュース 

公益財団法人日本環境協会公益財団法人日本環境協会

iconProject-D「埒浜防災緑地どんぐりプロジェクト」で植樹活動を実施

16.10.04
公益財団法人日本環境協会
   

 公益財団法人日本環境協会(Project-D事務局)は、東日本大震災からの緑の復興を支援する事業「Project-D」の活動の一環として、2016年10月29日(土)に福島県相双建設事務所が新地町の「埒浜防災緑地」で開催する植樹祭において、プロジェクトで育てた苗木を植樹します。
 プロジェクトでは、震災のあった2011年の秋から福島県で拾ったどんぐりを育てる苗木の里親を募集、全国各地の里親のもとですくすくと育った苗木が今回福島に里帰りします。
 復興を応援する多くの里親のみなさんの思いを地元の子どもたちが受け継ぎ、緑豊かな森に育つようにとの願いを込めて植樹し三菱電機(株)の社員の方が育てたどんぐりや、地元新地町の人たちが育てたどんぐりなど、合計4,000本の苗木を植えていきます。

   
1 日時
平成28年10月29日(水)9:00~17:00
2 場所
埒浜防災緑地(福島県新地町大字埒木崎地内)
3 内容
プロジェクトDにご参加くださった三菱電機(株)の社員の方が育てたどんぐりや、地元新地町の人たちが育てたどんぐりなど、合計4,000本の苗木を植えていきます。
プロジェクトDでは三菱電機(株)のご協力をいただき、この植樹祭に参加する仙台駅発着のバスツアーを実施いたします。被災地の力になりたいみなさん、苗木を育ててくださった里親のみなさん、近隣のみなさん、津波で大きな被害を受けた沿岸部緑地の再生活動にぜひご参加ください!!

Project-D「埒浜防災緑地どんぐりプロジェクト」で植樹活動を実施

4 問合せ先
公益財団法人日本環境協会教育事業部 Project-D事務局
担当:大西
TEL 03-5643-6251 / E-mail
Project-Dウェブサイト http://www.project-donguri.com/
【Project-Dについて】

 2011年3月11日に発生した東日本大震災からの復興に対して、全国の子どもたちが貢献できる事業を作ろうとの思いから生まれたプロジェクトで、岩手・宮城・福島の3県で採集したどんぐりを全国の里親が育て、育った苗木を津波で失われた海岸林の再生等のために植樹していきます。地元で採取したどんぐりを植え戻すことで、地域の生物多様性保全にも配慮しています。

 2011年秋から2013年まで、どんぐりの採集と里親の募集を行いました。延べ約600団体、16,000人の方にご参加いただき、約9,000本の苗木が育ちました。2014年度からは育てた苗木を植え戻す活動に入りました。