本文へジャンプメニューへジャンプ

トップページトピックス&ニュース公益財団法人日本環境協会が一般社団法人東京都民間保育園協会と協働取組に関する協定書を締結

トピックス&ニュース 

公益財団法人日本環境協会公益財団法人日本環境協会

icon公益財団法人日本環境協会が一般社団法人東京都民間保育園協会と協働取組に関する協定書を締結

16.11.07
公益財団法人日本環境協会
   

 公益財団法人日本環境協会(理事長:森嶌昭夫、以下 日本環境協会)は、東京都内の私立認可保育園の保育の質の向上を目的とした様々な活動を行っている一般社団法人東京都民間保育園協会(会長:斎藤和巳、以下 東京都民間保育園協会)と「こどもエコクラブ事業の協働取組に関する協定書」を締結しました。
 両者は本協定に基づき、東京都民間保育園協会に加盟する保育園の園児の健やかで心豊かな成長と地域の環境保全を推進する活動を、対等なパートナーシップのもとで実行してまいります。

   

 こどもエコクラブは、環境省の事業として1995年から始まった、子どもたちが地域で主体的に行う環境活動・学習を支援する事業です。2011年度からは、事業発足当初より全国事務局を担ってきた日本環境協会が継承し、環境省の後援を受け、地方自治体や企業・団体などと協働して事業を進めています。今年度も幼児から高校生まで約11万人の子どもたちが参加し、全国各地で生き物調査、清掃活動、お米・野菜作り体験など、地域の環境保全のために自主的に活動し、自然を大切に思う心や環境問題解決に向けて自ら考え行動する力を育んでいます。

 こどもエコクラブでは近年、直接的な自然体験・生活体験を通した身近な環境への意識づけ及び環境に配慮した行動の習慣づけについて、特に幼児期が重要であるとの認識に立ち、幼児向けの教材を新たに作成・配布したり、イメージキャラクターの「エコまる」が幼稚園・保育園を訪問して環境学習プログラムを行ったりするなど、幼児を対象にした取り組みを強化してきました。現在全国で272の幼稚園・保育園がこどもエコクラブに登録して活動していますが、東京都ではその数がまだ少ない状況です。今回の協定書締結を機に都内の私立保育園における環境への取り組み推進に一層力を入れてまいります。

 協定に基づく最初の協働取組として、これまで東京都民間保育園協会が加盟園に呼びかけ、各園の近隣にある公園・緑地等のごみ拾い活動を協定に基づく協働取組と位置付け、さらに積極的に推進していきます。また、各園で拾ったごみの量を記録・集計し、園児たちや職員の活動の成果として発表していきます。

■問合せ先
公益財団法人日本環境協会教育事業部 こどもエコクラブ全国事務局 担当:大西
TEL:03-5643-6251  E-Mail:

■こどもエコクラブWebサイト http://www.j-ecoclub.jp/

【公益財団法人日本環境協会の概要】
所在地:〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16 馬喰町第一ビル9F
理事長:森嶌 昭夫
設 立:1977年3月
U R L: http://www.jeas.or.jp

【一般財団法人東京都民間保育園協会の概要】
所在地:〒169-0072 東京都新宿区大久保3-10-1 東京都大久保分庁舎201
代表者:会長 斎藤 和巳
設 立:2007年4月
U R L: http://www.tokyominpokyo.jp/

【報道関係者向けのお問い合わせ先】
公益財団法人日本環境協会教育事業部 こどもエコクラブ全国事務局
担当:東・橋本・大西
TEL:03-5643-6251
E-Mail: