本文へジャンプメニューへジャンプ

トップページトピックス&ニュース こどもエコクラブ「がんばれ熊本・大分!エール交換」開催のお知らせ

トピックス&ニュース 

公益財団法人日本環境協会公益財団法人日本環境協会 こどもエコクラブ全国事務局こどもエコクラブ全国事務局

iconこどもエコクラブ「がんばれ熊本・大分!エール交換」開催のお知らせ

17.03.01
公益財団法人日本環境協会
   

 公益財団法人日本環境協会(こどもエコクラブ全国事務局)は、2016年4月から2017年2月末まで受け付けていた熊本地震の被災地のこどもエコクラブの支援のための「熊本地震使途限定募金」を活用し、熊本県・大分県のクラブメンバー全員に、全国の仲間からのメッセージが入った応援タオルを贈呈いたします。併せて、地震を経験した子どもたちが自分自身の目線で、「どう地震に対応したか」「子どもたちでもできたこと・感じたこと」、「こうすれば良かった!」という声や体験をとりまとめたメッセージブックを全国のクラブに配布いたします。
 この度、応援タオルとメッセージブックを贈呈しあう「がんばれ熊本・大分!エール交換」を2017年3月19日(土)に開催する「こどもエコクラブ全国フェスティバル2017」内にて開催いたします。

   
1 目 的
平成28年熊本地震被災地の子どもたちが今後も元気に環境活動を続けることを応援するとともに、全国の仲間に子どもたちが感じた地震体験の声を伝えて、災害や防災を考える機会を提供する。
2 概 要
「熊本地震使途限定募金」(寄附受付期間:2016年4月20日~2017年2月末)で受け付けた支援金をもとに作成した「こどもエコクラブ応援タオル」を熊本県益城町と大分県別府市のこどもエコクラブに贈呈するとともに、地震等の災害を体験したこどもエコクラブの声をまとめた「こどもエコクラブ~災害から学ぼう!ぼくたち・わたしたちの体験メッセージBOOK」を当該クラブより全国のクラブに贈呈し、被災地への応援の気持ちや防災の大切さを伝えあう「エール交換」を行う。
3 贈呈品
(1)「こどもエコクラブ 応援タオル」

こどもエコクラブイメージキャラクター「エコまる」、こどもエコクラブロゴ、熊本県キャラクター「くまモン」と大分県キャラクター「めじろん」に加え、全国のクラブから公募して選出された応援メッセージを記載したタオルを、熊本県・大分県の全クラブメンバーに配布。

こどもエコクラブ 応援タオル
(2)「こどもエコクラブ ~災害から学ぼう!~ぼくたち・わたしたちの体験メッセージBOOK」
ぼくたち・わたしたちの体験メッセージBOOK

熊本地震をはじめ、今年起こった災害(鳥取中部地震、岩手県岩泉町の河川増水など)を体験したクラブの子どもたちからの、どう災害に対応したか・子どもたちでもできたこと・感じたこと、こうしたら良かった!と言う声をとりまとめたメッセージブックを全国のこどもエコクラブに配布。

4 日 時
平成29年3月19日(日)15:35~15:50
「こどもエコクラブ全国フェスティバル2017」クロージング内
5 会 場
早稲田大学西早稲田キャンパス理工学術院63号館(東京都新宿区大久保三丁目4-1)
6 募金について
「熊本地震使途限定募金」(寄附受付期間:2016年4月20日~2017年2月末)
・全国のこどもエコクラブおよび一般からの寄附
・こどもエコクラブに支援※いただいている株式会社プロントコーポレーションからの寄附
 ※「カフェ&バー プロント」など300店を全国に展開している同社の社会貢献活動「P-LOVE GREEN」キャンペーンの一つとしてこどもエコクラブを支援

【参考:こどもエコクラブ事業および全国フェスティバルについて】

 
 こどもエコクラブは、1995年に環境省事業として始まりました。2011年度からは、事業発足当初より全国事務局を担ってきた弊協会が継承し、環境省の後援、地方自体や企業などの支援をいただきながら、子どもたちが主体的に地域で行う環境活動・学習を支援しています。今までに延べ220万人を超える子どもたちが参加し、今年度も11万人以上の子どもたちが参加しています。
 毎年3月に開催される全国フェスティバルは、年間の活動をまとめた壁新聞をもとに選出された都道府県代表クラブが一堂に会して、交流し合います。
 
  こどもエコクラブウェブサイト:http://www.j-ecoclub.jp/

 全国フェスティバルの詳細は、2月23日(木)リリースの『「こどもエコクラブ全国フェスティバル2017」開催のお知らせ』、もしくはこどもエコクラブウェブサイト(http://www.j-ecoclub.jp)をご覧下さい。

取材について

 熊本地震で大きな被害があった熊本県益城町、大分県別府市のこどもエコクラブと、応援タオルのメッセージを考えたクラブ(大阪府大阪市)の子どもたちが登壇してエール交換を行います。
 また、熊本県益城町、大分県別府市のこどもエコクラブから、今回の地震体験について直接語ってもらう時間もございますので、ぜひ多くのメディアの方に取り上げていただけると幸いです。
 取材をご希望される報道関係の方は、当日、早稲田大学西早稲田キャンパス63号館2階受付までお越しください。
 
【連絡先】
公益財団法人日本環境協会 内 こどもエコクラブ全国事務局 橋本、東
TEL:03-5643-6251 FAX:03-5643-6250
E-Mail: