本文へジャンプメニューへジャンプ

トップページ トピックス&ニュース こどもエコクラブ全国一斉活動「葉っぱラッパーズ探偵団」の実施について

トピックス&ニュース 

公益財団法人日本環境協会公益財団法人日本環境協会 こどもエコクラブ全国事務局こどもエコクラブ全国事務局

icon こどもエコクラブ全国一斉活動「葉っぱラッパーズ探偵団」の実施について

20.09.03
(公財)日本環境協会 こどもエコクラブ全国事務局
   

 (公財)日本環境協会 こどもエコクラブ全国事務局は、地域で自主的な環境活動をしている全国のこどもエコクラブを中心に、緑あふれる屋外で活動することで自然の豊かさを実感してもらうとともに、葉っぱや樹木の観察を通して地球温暖化防止にかかる樹木の役割を考えるプログラム「葉っぱラッパーズ探偵団」を全国一斉活動として実施します。
 本活動は、文部科学省 令和2年度子供たちの心身の健全な発達のための子供の自然体験活動推進事業としても実施し、コロナ禍で自然体験の機会が少なくなっている子どもたちの不安や閉塞感の解消と、豊かな自然と触れ合うことで健全な心身を育むことも目的の一つとしています。

   
1.実施目的
  1. 全国にいるこどもエコクラブ及び地域の子どもたちが、葉っぱや樹木の観察などを通して森林や樹木に親しみ自然の豊かさを実感することで、コロナ禍の中で子どもたちが感じている不安や閉塞感を解消するきっかけとします。
  2. 二酸化炭素吸収や大気浄化能力等の樹木の役割について学び、森林保全の重要性について理解を深めます。
  3. 全国のクラブが一つのテーマに基づいた活動をすることで、こどもエコクラブとしての一体感を高め、メンバーの達成感・充実感を共有します。
2.実施概要
  1. 対象
    全国のこどもエコクラブ(メンバー、サポーター)および本活動に賛同する一般の方々。
  2. 活動内容
    地域の森林をはじめ自然公園や学校の校庭、自宅の庭など身近な緑のある場所で葉っぱの観察や木のスケッチなどを行って樹木に親しむ他、木の幹回りの長さをもとにした所定の計算で木が吸収する二酸化炭素の量を確認し、地球温暖化防止にかかる樹木の役割について学ぶ。また、随時ウェブサイトに活動報告を投稿して全国各地の仲間の活動の様子を確認し合う。また、自然体験活動施設等を会場に、全国3ヶ所程度で樹木に親しむプログラムを行い、自然の素晴らしさや屋外活動の気持ちよさを実感する。
    なお、参加申し込み先着3000名には、様々なプログラムを掲載したオリジナルのワークブックを配布する。
  3. 活動期間
    2020年9月1日(火)~2021年3月20日(土)
    ※体験プログラムは10~11月を予定。

こどもエコクラブ全国一斉活動「葉っぱラッパーズ探偵団」
URL:http://www.j-ecoclub.jp/challenge/all/happa/

3.成果発表
全国から集まった活動レポートや子どもたちの様子をウェブサイトに掲載して広く発信する。
4.その他
本事業は、「文部科学省 令和2年度子供たちの心身の健全な発達のための子供の自然体験活動推進事業」としても実施。自然体験活動が子どもたちの心身にどのような影響を及ぼしたかもアンケート調査を行う。
本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせは下記までお願い致します。
公益財団法人日本環境協会内 こどもエコクラブ全国事務局
担当:東・大西 E-Mail:
TEL:03-5829-6359 FAX:03-5829-6190