本文へジャンプメニューへジャンプ

トップページ公募・入札情報日本環境協会公募・入札情報:公益財団法人日本環境協会専務理事候補者の公募について

入札・公募情報 

日本環境協会公募・入札情報:公益財団法人日本環境協会専務理事候補者の公募について

15.04.16
 公益財団法人日本環境協会(以下「協会」という。)は、次により専務理事候補者を公募します。
1.協会の目的と事業

 協会は、環境の保全に関する知識の普及及び調査研究等に関する事業を行い、国民、事業者等をはじめとするあらゆる主体による環境保全のための自主的活動の推進を図り、もって持続可能な社会の実現に寄与することを目的としています。昭和52年3月に設立され、平成25年4月に公益財団法人に移行しました。以下の4つを重点分野として環境保全に関する様々な事業を展開しています。

(1)
環境教育・環境学習(こどもエコクラブ)
(2)
グリーンマーケットの実現(エコマーク、グリーン購入)
(3)
地球温暖化防止
(4)
土壌環境保全対策
2.所在地(勤務地)

 東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16馬喰町第一ビル

3.公募する役職及び職務

 専務理事候補者 1名

専務理事候補者は「公益財団法人日本環境協会定款第27条」に基づき、評議員会の決議によって理事に選任、理事会の決議によって専務理事選定の各手続を経て、はじめて専務理事就任の運びとなります。評議員会、理事会とも合議制の機関ですので、本公募により専務理事候補者として選定されたとしても、評議員会または理事会において理事又は専務理事として選任されない場合があります。
4.任期

 任期は、平成27年6月に開催予定の評議員会及び理事会で選任後、2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時評議員会の終結の時までです。

5.必要な資格・経験
(1)
平成27年4月1日現在、満63歳未満であること。
(2)
法人の経営運営改革に積極的に取り組み、幸甚の経営、会計、人事・労務管理に関する十分な知識を有すること。
(3)
環境の保全に関する領域について知識を有すること。
(4)
心身ともに健康であること。
(5)
「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」第6条及び「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」第177条の準用規定による同法第65条第1項各号に該当しないこと。
参考 [PDF 233KB]
6.候補者の選考方法等

 第一次審査(履歴書及び小論文による書類審査)及び第二次審査(面接による審査)を行い、候補者を選考します。

7.専務理事に就任した場合の処遇
(1)
報酬等
役員及び評議員の報酬等に関する規程により支給
(2)
退職金
役員及び評議員の報酬等に関する規程により支給
(3)
社会保険
健康保険、厚生年金、労災
(4)
勤務形態等
常勤(月曜日~金曜日 9時30分から17時30分)
 (原則として職員就業規則の規定に準じて勤務)
8.応募方法
(1)
提出書類
①履歴書
市販のJIS規格履歴書に学歴、取得資格、職歴及び健康状態等を詳細に記載し、3か月以内に撮影した写真(パスポートサイズ 縦4.5cm×横3.5cm)を貼付したもの
②小論文
テーマ「日本環境協会が果たすべき役割について」
様式等 A4版、横書きで1600字程度(ワープロまたは手書き)
(2)
提出方法
封筒の表に「役員応募」と朱書きし、次の宛先へ簡易書留により郵送。
 〒103-0002
  東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16馬喰町第一ビル9階
  公益財団法人日本環境協会総務部 宛
(3)
提出期限
平成27年5月15日(必着)
 *期限内に到達しない場合は無効とさせていただきます。
9.選考結果の通知
(1)第一次審査の結果
①合格者 電話にて連絡します。
        (第二次審査の日時等につきましてもあわせてご連絡いたします。)
②不合格者 郵便にて連絡いたします。
10.その他
(1)
応募書類は返却いたしません。
(2)
応募にかかる費用は、全額応募者負担とします。
(3)
応募書類等の個人情報につきましては、選考の目的以外には使用いたしません。
(4)
応募方法等に関する問い合わせは、電話でお受けします。ただし、選考経過及び選考結果等に関するお問い合わせにつきましては、お答えいたしかねますので予めご了承ください。
<問い合わせ先>
   電話 03-5643-6262 (総務部)